【ミニマリストとプレゼントの関係 】本当に必要なモノとは?

モノを捨てて、売って、片づけて。

 

自分が満足するところまで、一通り断捨離しました。

 

こんまりさんの片づけ祭りです。

 

その祭りが終わった時点では、部屋も気分もスッキリです。

 

でも、モノは、自分が必要としていなくても自然に入ってきますよね。

DMやチラシ、試供品や割り箸、紙袋に包装紙など、毎日何かしら 家の中に入り込んできてるような気がします。

 

一度片づくと、新たにモノを入れることに慎重になりますよね。

イラナイモノが入りそうになったら即処分。

増えすぎて取り返しのつかないことになる前に。 

 

チラシや試供品など、無機質に勝手に入りこんでくるモノは、いらないと思えばすぐに捨てやすいですが、簡単に捨てにくいにのは、いただいたモノです。

 

f:id:yamalist:20180608154933p:plain

 

片づけを終えてすぐの頃は、モノを増やしたくないあまりに、親が好意で買ってくれたモノを不機嫌な態度で受け取ったりしたこともありました。

 

「私、ミニマリストになろうと思って、モノを減らしてるの」

 

今考えると、本当失礼なこと言ってたなと思います。

平気でそんなこと言って、親に気を遣わせてしまって。

本当申し訳ないです。

 

そこで、思いました。

 

相手が自分のことを想って、くれるモノについては、相手の気持ちを受け取ろうと。

 

そのモノは必要としていなくも、気持ちを受け取るという意味で、ありがたく感謝の気持ちを持って受け取ること。

そうすることで、お互いの心も通い合えるのではないかと思います。

 

本来、プレゼントってそういうものですよね。

モノを渡すことが目的ではなくて、相手を想っている気持ちを形として表しているんですよね。

 

喜んでくれるかなと思いながら、貴重な時間を割いて、選んで、買ってきてくれるわけですもんね。

そんな根本的なことが抜け落ちていました。

 

そんなんじゃ、本当のミニマリストとは言えませんね。

モノはただのモノだから捨てられるけど、モノは捨てても心まで捨てないのがミニマリストですよね。

 

ミニマリストの方々は、ちゃんと温かい心を持っている人間らしい方ばかりです。

私もそのような方々の生活の仕方だけでなく、思考や心も見習わないといけないなと思いました。

 

例え、受け取ったプレゼントがいらないモノだったとしても、気持ちはちゃんと受け取る。

 

そして、もし、本当にいらないのであれば、誰か必要としている人がいればお譲りしたり、手放してもいいのかなと思います。

 

私の場合、プレゼントに関しては、すぐに手放すことはなかなかできず・・・

しばらく置いて、ちょっと余韻に浸ってから手放すようにしています。笑

 

最後までお読みいただきありがとうございました♪ 

 

 

ブログ村テーマ
シンプルで豊かな暮らし
暮らしを楽しむ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
もっと心地いい暮らしがしたい!
ステキに暮らす♪

 

ランキングに参加しています。

 ↓素敵なミニマリストの方がたくさんいらっしゃいます。

にほんブログ村 ミニマリスト 


人気ブログランキング